注目するポイントとは

この記事をシェアする

おすすめの間取り

縦のリビング

リビングの形を縦にすると、光が入りやすいというメリットを得られます。
ですから最近リフォームをする人の間で、縦リビングが注目を浴びています。
縦リビングにすると、横に洋室か和室をつけるのが一般的な間取りになっています。
お客さんがよく来る家は、そこを客間として扱うのも良いでしょう。
もちろんリビングと同じように、客間にも光が行き渡りやすいです。

客間ではなく、子供部屋として扱っても良いでしょう。
これから子供が\生まれる予定がある家庭は、しっかりと子供のことも考えてリフォームをしてください。
子供が家を出て子供部屋が必要無くなった時は、壁を壊してリビングと繋げることもできます。
そのように、かなり先のことまで見通してください。

リビングを横にする

注目を浴びているもう1つのリビングは、横にすることです。
リビングの間取りを考えている人は参考にできるかもしれないので、具体的な特徴を調べてみましょう。
横リビングにすると、窓の数を増やすことができます。
すると自然に、太陽の光がたくさん室内に入ってくる仕組みになります。
明るいだけでなく、暖かくなる部分も嬉しいですね。
温かく明るい室内を作りたい人は、横リビングを選択してください。

横リビングは、キッチンと分けやすいメリットをあります。
リビングとキッチンがいっしょになっていると、ものが多すぎてゴチャゴチャになってしまう場合があります。
境界線を作りやすいので、分けた方が整頓しやすくなる人は横リビングを選択してください。


Topへ
戻る▲