注目するポイントとは

この記事をシェアする

老後のことを考えてリフォーム

介護しやすい住宅

誰でも年を重ねるので、高齢になっても暮らしやすいようリフォームをする時はバリアフリー機能を取り入れてください。
高齢になって、足腰が不自由になる可能性があります。
その時は車イスを使って生活を送るかもしれません。
一般的な室内の広さだと、車イスで進みにくいです。
車イスのことも考えて、少し廊下や室内を広くした間取りにしてください。

おすすめの間取りを調べると、バリアフリーのことを考えている人の意見をたくさん聞くことができます。
段差を低くするというのも、バリアフリーの1つに含まれます。
健常者なら何も苦に感じないで上がれる段差でも、足腰の不自由な人にとってはかなり辛いです。
なるべく、室内の段差を低くしてください。

誰と暮らすのか

将来両親と同居することがすでに決まっているなら、念のため介護しやすい間取りにしてリフォームをするのがおすすめです。
両親と同居する時に暮らしにくく感じると、もう1度リフォームし直さなくてはいけません。
費用も手間も2倍になるので、1回で済むように間取りを考えてください。

高齢者は、骨が弱っているので少し転んだだけで骨が折れる危険性があります。
転ばないよう、廊下や室内に手すりを付けてください。
それだけの工夫でも、家庭内で事故が起こる危険性を低下できます。
また浴槽で倒れると、救出するのが遅くなって手遅れになる可能性があります。
浴室に呼びだしボタンがあれば、倒れる前に押すことで誰かがすぐに駆け付けてくれます。


Topへ
戻る▲